臨床心理学の知識や技術を用いて、さまざまな心の問題を解決に導いていくのが臨床心理士の仕事です。臨床心理士の仕事は、大きく分けると以下の4つです。

1.臨床心理アセスメント
来談する人の心の特徴や問題はどこにあるのか。
面接や観察、種々な心理テストを用いて、その人の特徴や問題点の所在を明らかにしようとします。
その人をよく知ることで、どのような援助の仕方が適切であるかを総合的に検討・判断します。

2.心理カウンセリングの実施
来談する人の特徴に応じて、さまざまな臨床心理学的技法を用いながら、こころの問題に対する援助を行います。臨床心理学的技法には、心理カウンセリング、遊戯療法、箱庭療法、芸術療法、夢分析、家族療法、精神分析、来談者中心療法、行動療法、動作法などがあります。

3.臨床心理的地域援助
心の問題は、たんに個人の心のみに限るものではありません。
学校や職場や地域社会など、その人を囲む環境への働きかけが必要になります。個人のプライバシーを守りながら、心の環境調整を専門的に行う活動です。臨床心理学の専門家として、その他の専門家や機関と連携し地域社会へ介入することも重要な仕事です。

4.臨床心理学的研究
心の問題への援助を行っていくうえで、技術的な手法や知識を確実なものにしていくために、また援助活動をより実りのあるものとするために、その基礎となる臨床心理的調査や研究活動を行います。

臨床心理士になるには、指定された大学院で心理学の修士号を取得し、さらに資格試験に合格する必要があります。このように資格取得の難易度が高い点も、臨床心理士が心理の専門化資格として認知されている要因です。

具体的には、第1種もしくは第2種指定大学院を終了する必要があり、第1種指定大学院の場合は大学院在学中に実習経験を行うことで、第2種指定大学院の場合は大学院修了後に1年以上の実務経験を経ることで臨床心理士試験の受験資格が得られます。

エントリーリスト


臨床心理士:臨床心理士の仕事-資格試験と専門学校をdel.icio.usに追加する 臨床心理士:臨床心理士の仕事-資格試験と専門学校をニフティクリップに追加 臨床心理士:臨床心理士の仕事-資格試験と専門学校をLivedoor クリップに追加 臨床心理士:臨床心理士の仕事-資格試験と専門学校をFC2ブックマークに追加 臨床心理士:臨床心理士の仕事-資格試験と専門学校をはてなブックマークする 臨床心理士:臨床心理士の仕事-資格試験と専門学校を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加